もう少しTOKの言葉を使って基本的な考え方をみていきましょう。以下の図を見てください。

oxford TOK diagramDombrowski, E., Rotenberg, L. & Bick, M. (2013). Theory of Knowledge. (p71). Oxford.

この図は、TOKでいう「知識」がどのようなものか示した図です。
3つの四角に入っているのは、「私たちは〜であると知っている(We know that…)」「私たちは経験から知っている(We experience)」「私たちは方法を知っている(We know how)」といった3つの「知っている」です。私たちが知っていると言う場合は、大抵この3つに入ります。ものごとをTOK的に捉える最初のステップとして、まずはこれを考える所から始めます。
そして、それらのベースになっている「知識」という集合体が、「共有された知識(Shared knowledge)」と「個人的な知識(Personal Knowledge)」から成り立っていることが分かります。この図ではその2つが対局にあって、大きな円を作っています。実際はベン図のような形で、共有された知識と個人的な知識は全く別の場合もあるし、重なる部分もあるということになりますが、それに関しては後日詳しく説明します。
そして、その大きな円の中に、8つの「知るための方法」があります。「知覚」、「感情」、「言語」、「理論」、「信仰」、「直感」、「想像」、「記憶」です。私たちが知るためには、必ずこの8つのうちのどれか、またはそれらの組み合わせを使っています。いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように知るかによって、これらの使い方が変わってきたりもします。私たちは、何らかの形で知り、それを知識として主張をし、それを基にまた新しい事を知る。このように知識を構築していく中で、必ずこの8つの方法を使っているのです。

このように、「知識に関する主張(knowledge claim)」を「共有された知識」や「個人的な知識」という枠組みの中で捉え、それに関しての「知るための方法」を考察していくと、円の中心にある「私たちはどのように知るのか(How do we know?)」へとたどり着くことができます。TOKでは、このような用語を使いながら、知ることを深く掘り下げていきます。

今回で、TOKの全体像に関しての説明は終わりです。次回からは、TOK用語を中心に、さらに細かくTOKがどのようなものかを説明していきます。

広告